航空機の不具合のためヤギ2匹が生贄に

goatsacrificed.jpg

ロイヤルネパール空港にて、航空機1機に技術的な問題が発生したとして、ヤギ2匹を生贄にし、その問題を解決したと報じられた。
ヒンズー教の空の神、Akash Bhairabの生贄にされ、航空機の目の前でヤギ2匹は虐殺された。
また、この航空機は数週間もの間不具合に悩まされ続け飛行するにいたらなかったという。不具合があった機体は生贄の後、運行を再開している。

Goats sacrificed to fix Nepal jet


神、人を喰う―人身御供の民俗学

カテゴリー: animal, occult   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">