足がV字状に発達した種族ヴァドマ

vadoma.jpg
一般に、人間の足の指は通常五本である。
しかし、西ジンバブエに住むヴァドマと呼ばれる人々に限ってはそうではないようだ。
彼らはostrich people(ダチョウ族)などとも呼ばれており、足がV字状になっている。一般にこれらの形状はこちらで紹介したロブスターボーイのような遺伝子欠陥、ロブスター爪症候群として知られているものであるが、この人々にいたってはそのような欠陥ではなく、気を登るために発達したものではないかといわれている。
突然変異が起きたからといってそれは障害などではなく、それが有益であるのならば新たに人間が進化していくための発達とも取れるのではないかとも言われているようだ。

The Vadoma Ostrich People Of Zimbabwe


人類進化の700万年―書き換えられる「ヒトの起源」

カテゴリー: human, movie   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">