女性の死体を弄んだ画像が世界中で話題に

11月中旬ごろから各地に散らばった数枚の画像。
それらはオカルト映画や、ホラー映画などで使われる死姦にあたるものであった。
その画像をアップした男はコメントを残している。
(注意:これから先の文はかなり過激な内容であり、かなりショックを与える内容も含まれています。そのため、本当にこの情報を必要としている方々のみご覧ください。これから先は文字を反転してお読みください)


画像をアップした、解剖医、それか葬儀屋に当たるであろう人物は次のようにコメントしている。
「今までかつてこんなにもエログロなものを見たことはあるか?この可哀想な少女は昨日死んだものだ。
彼女の名前はアレックス。年は19歳。そして彼女は処女のまま死んだ。だから俺は彼女の死体を使って軽く遊んでやったよ。
彼女は全く文句は言わなかったさ。最初に彼女の頭からノコギリをいれて脳みそを取り出し、そして彼女の胸から女性器までを切り開いたよ。
その後、彼女の女性器に指をいれてみたら、彼女が処女だって気付いたんだよ!実に!興奮した!
その後しばらく彼女の女性器を指でいじくり、処女をスプレー缶で奪った。血は出なかったよ、だって彼女は既に死んでんだから。
次に彼女の目玉をくりぬき、面白おかしく遊んでみたんだよ。口にそいつの目玉入れてさ!
こんなん見たことあるか?ないだろ?目玉つきの女性器とかよ。その後ラストにプレイを楽しんだんだよ。
まさにその体験は不思議な気分だった、冷たくて血も体も固まってるんだが、俺のモノは数分で果てた。
今までないぐらいの快感だった!本当にたまらないぐらいにさ!彼女の両親に死体を返還した時、俺は心の中ですごい爆笑してたね。
彼女はとてもきれいになってて化粧もしてた。両親達は彼女の死に呆然とするばかりだった。
それを見て俺はまた心の中で爆笑、だってさ、彼女は俺の精液で溢れた女性器のまま墓場に送られる運命なんだから、アハハハ! 」
この内容は、見る人々を激怒させ、更には呆れさせた。死者を冒涜している内容でしかないからである。
早くこの犯罪者を探し出せなど、かなりの人々がこの画像、文を見て嘆き悲しんだ。自分、自分の家族、自分の友達、自分の恋人がこのようなことをされたと感じると誰でも憤りを感じるだろう。一刻も早くこの頭がいかれている男を探し出してもらいたいものである。

どうしても画像を見たい方は下のURLをアドレスバーに直接打ち込み、the picturesをクリックすれば見ることができる。だが、お勧めすることはできない。

http://www.kladblog.com/?id=6657


予告された殺人の記録

カテゴリー: human, shock   パーマリンク

女性の死体を弄んだ画像が世界中で話題に への55件のコメント

  1. http://www.kladblog.com/?id=6657 より:

    comment

  2. ://www.kladblog.com/?id=6657 より:

    commentcomment (>>でレス可能

  3. 匿名 より:

    comment fuzakeroyo boke sineya

  4. 匿名 より:

    comment

  5. 匿名 より:

    comment

  6. 匿名 より:

    comment

  7. 匿名 より:

    comment

  8. 匿名 より:

    commenthttp://www.kladblog.com/?id=6657

  9. 匿名 より:

    comment

  10. かず より:

    comment

  11. 匿名 より:

    亜qwせdrftgyふじこlp;

  12. 匿名 より:

    comment

  13. 匿名 より:

    comment

  14. no name l August 14, 2008 より:

    comment

  15. Z より:

    coZmment

  16. 匿名 より:

    comment

  17. 匿名 より:

    comment

  18. 匿名 より:

    comment>>

  19. 匿名 より:

    >>

  20. 匿名 より:

    comment

  21. 匿名 より:

    comment

  22. 匿名 より:

    comment

  23. 匿名 より:

    comment

  24. 匿名 より:

    comment

  25. 匿名 より:

    comment

  26. 匿名 より:

    comment

  27. 匿名 より:

    comment

  28. 匿名 より:

    comment

  29. 匿名 より:

    comment

  30. 匿名 より:

    comment

  31. より:

    comment
    画像見てきました。
    いいものを見せて戴いた。
    有り難う御座います^^

  32. 匿名 より:

    comment

  33. 匿名 より:

    comment

  34. かずしげ より:

    comment

  35. http://www.kladblog.com/?id=6657 より:

    comment

  36. 匿名 より:

    comment

  37. 匿名 より:

    commentした、解剖医、それか葬儀屋に当たるであろう人物は次のようにコメントしている。
    「今までかつてこんなにもエログロなものを見たことはあるか?この可哀想な少女は昨日死んだものだ。
    彼女の名前はアレックス。年は19歳。そして彼女は処女のまま死んだ。だから俺は彼女の死体を使って軽く遊んでやったよ。
    彼女は全く文句は言わなかったさ。最初に彼女の頭からノコギリをいれて脳みそを取り出し、そして彼女の胸から女性器までを切り開いたよ。
    その後、彼女の女性器に指をいれてみたら、彼女が処女だって気付いたんだよ!実に!興奮した!
    その後しばらく彼女の女性器を指でいじくり、処女をスプレー缶で奪った。血は出なかったよ、だって彼女は既に死んでんだから。
    次に彼女の目玉をくりぬき、面白おかしく遊んでみたんだよ。口にそいつの目玉入れてさ!
    こんなん見たことあるか?ないだろ?目玉つきの女性器とかよ。その後ラストにプレイを楽しんだんだよ。
    まさにその体験は不思議な気分だった、冷たくて血も体も固まってるんだが、俺のモノは数分で果てた。
    今までないぐらいの快感だった!本当にたまらないぐらいにさ!彼女の両親に死体を返還した時、俺は心の中ですごい爆笑してたね。
    彼女はとてもきれいになってて化粧もしてた。両親達は彼女の死に呆然とするばかりだった。
    それを見て俺はまた心の中で爆笑、だってさ、彼女は俺の精液で溢れた女性器のまま墓場に送られる運命なんだから、アハハハ! 」
    この内容は、見る人々を激怒させ、更には呆れさせた。死者を冒涜している内容でしかないからである。
    早くこの犯罪者を探し出せなど、かなりの人々がこの画像、文を見て嘆き悲しんだ。自分、自分の家族、自分の友達、自分の恋人がこのようなことをされたと感じると誰でも憤りを感じるだろう。一刻も早くこの頭がいかれている男を探し出してもらいたいものである。

    どうしても画像を見たい方は下のURLをアドレスバーに直接打ち込み、the picturesをクリックすれば見ることができる。だが、お勧めすることはできない。
    http://www.kladblog.com

  38. the pictures より:

    comment

  39. the pictures より:

    comment

  40. より:

    あはは

  41. 匿名 より:

    comment

  42. 匿名 より:

    comment

  43. 匿名 より:

    comment

  44. 匿名 より:

    comment

  45. 匿名 より:

    犯人は捕まったのかな?
     捕まってなけりゃ早く捕まることを祈るよ。

  46. 匿名 より:

    comment

  47. 匿名 より:

    comment

  48. 匿名 より:

    comment

  49. ぅh; より:

    シニタイ

  50. ぁh; より:

    シネヨ

  51. 匿名 より:

    comment

  52. http://www.kladblog.com より:

    comment

  53. ゆk より:

    そいつもその少女と同じめに合わせたい・・・
    だが殺しはしない。
    もういやだって思うくらい
    つらいめに合わせたい・・・

  54. うさ より:

    最近、死姦と言う言葉を知り、いろいろとサイトを見ていましたが、これは衝撃的でしたね。 スカトロ愛好家や、獣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">