小さき英雄と称えられた10歳の少年

hero.jpgのサムネール画像

2007年5月、イギリスに住む一人の少年Jason Crombie(当時9歳)はOUR HEROES(私たちの英雄)という賞を受賞し、彼の生き様が話題となった。彼は重度の顔面形成異常、骨格形成異常(oculo-fronto-nasal syndrome)に苦しみながらもそれを乗り越えていこうとする姿に人々が共感したからである。

彼が誕生したとき、看護婦と医師は両親にどう伝えていいのか分からなかったようであったと母親は話す。そしてただただ人々は母親のことを哀れんでいたようであった。普通であれば母親は赤ん坊を生んだ直後に一目見るのであるが、母親が現実を受け止め彼を見たのは誕生して二日後であった。
それから5週間後、医者から両親にあることが伝えられた。それは彼にとっても両親にとってもいわゆる不幸中の幸いに当たる出来事であった。通常、赤ん坊の顔面に奇形が見られると脳障害を併発していることが多くあり、医者も当初はそう思っていたのであろう。しかし彼は脳障害を併発していなかった。それを聞いた両親は本当に大変大喜びしたのだという。
しかし、脳障害がないからといって、彼に科せられた試練はあまりにも重過ぎるものであった。彼の外見によって彼のことをエイリアンだ化け物だ怪物だと罵るものも多くはなかった。通りすがりの子供でさえ彼の顔を凝視する。しかし彼の父親の厳しい教えによりそれに応じない精神力を持ちえた。今では彼は普通の子供らと何ら変哲もなく友達と遊び先生からはひとりの生徒として見られている。

手術
彼は顔の変形のほかにも脊椎の変形も見られていたため金属棒で矯正する大手術を行った。そして彼は現在「普通の顔」を探すために大規模な手術を行っている。10歳の誕生日においては顔をの手術を行ったがまだ通常の顔とはいいにくい顔であった。それでも彼はその日を最高の誕生日だと話している。今後も様々な手術を行う予定であるというが、彼が進学するにつれいじめられそれによって手術に対するストレスが発生する恐れがあるのではないかと危惧されている。それでも彼は外見など関係無しに自分は至って普通のひとりの人間であると話す。
以下には動画を掲載した。

Young hero faces up to his future
Our Little Hero

カテゴリー: human, movie   パーマリンク

小さき英雄と称えられた10歳の少年 への3件のコメント

  1. 匿名 より:

    comment

  2. 匿名 より:

    comment

  3. 匿名 より:

    comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">