年をとらない少女

age.jpg

時間には何事も逆らうことは出来ない。それは人間が知能を持つ前からの常識であった。
左の人物を見て、あなたは何歳だと思うだろうか。彼女の名はBrooke Greenberg、2009年1月で16歳になった少女である。精神年齢は6ヶ月程度、体型は身長約76センチ体重約7キロ、そこまで成長した以来彼女は成長する様子がない。今、彼女は学者や医者から多大な注目を浴びている。それは今まで何事も逆らえなかった年というメカニズムを解析する上で重要な要素を持つかもしれないからだ。

彼女の謎
学者等が彼女に驚くのは今まで、彼女と似たようなケース、同じようなケースが見当たらないということ、そして遺伝子異常、何らかの症候群などの彼女が年を取らない原因となる何かが見られないからである。
彼女の中の何かが成長を阻害しているのではないかと思い、医者が成長ホルモンを与えても何の解決にも至らなかった。体重も身長も全く変わらなかったのである。

彼女のすべてが年をとらないというわけではない。彼女の骨年齢は10歳程度である。(しかし乳歯が生え変わる気配がないため正確ではないのかもしれない。)そして爪と髪は一般人と変わりないように生えてくる。それがまた不可解なのだという。(また、最近では少し脳に変化があったとされている。)

誰も、彼女が後何歳生きるのか、このまま成長しないのかという疑問に答えることが出来ない。学者等は知るすべさえないと答える。

彼女の家族
彼女には、三人の姉妹がいる。姉は22歳のEmily、19歳のCaitlin、妹は13歳のCarlyである。姉妹たちは彼女について、年相応の自己表現ができていると言い、以下のように話した。

長女Emiliyは、
「妹は、幼児特有の発声で不快感をあらわし、何が好きで何が嫌いかを表現することが出来ます。」
と言い、

次女Caitlinは、
「見た目は6ヶ月のように見えるかもしれません。それでも妹は16歳としての個性を持っているのです。」
と語る。

4女Carlyにいたっては、
「私よりも小さい姉を持つということは非常に不思議です。年をとるにつれ、妹のようにさえ思えてしまうほどです。」
とさえ話した。

小さな姿の彼女は、時としてそれが弊害となり、様々な病を引き起こす。
6歳になる頃には、既に7回もの胃潰瘍手術を受けていた。その後、彼女は脳卒中、脳腫瘍となり14日間ものあいだ目を覚ますことはなかった。彼女はもう手遅れだと判断し、家族は悲しみ、棺まで買うまでだったという。しかし奇跡的に腫瘍はなくなり、何事もなく彼女は目を覚ました。家族は彼女が道を切り開いたのだと感じたという。

母親は、
「彼女が生まれてから、私の頭の中では年=月となりました。そして娘が今何歳か?と聞かれたら16ヶ月だよと言うかもしれません。」
と話した。

父親は、
「娘が年という概念の秘密を解く鍵だと思いますか?誰もがみな、生きる意味を持って生まれてきたのだと思います。娘はもしかしたらそのために生まれてきたのかもしれません。」
と話した。

現在、彼女の遺伝子の中に、老化を減速させる何かがあるのでないかとし、学者らが研究を進めている最中だという。

以下には動画を掲載した。

Doctors Baffled, Intrigued by Girl Who Doesn’t Age


老化はなぜ起こるか

カテゴリー: human, movie   パーマリンク

年をとらない少女 への6件のコメント

  1. 匿名 より:

    comment

  2. twentyseven より:

    こりゃたまげた・・・

  3. Maahirf より:

    The United States is a developed country and has the world’s largest national economy. 買う

  4. Hardar より:

    Will Europe Drag Down The World? 買う

  5. Kayumars より:

    Will Europe Drag Down The World? 買う

  6. 匿名 より:

    すごいこともあるもんた
       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">