謎の生物に家畜を食い荒らされる村

goat0.jpg

ナミビアのOidivaとOikangoという村々では、家畜として飼っているヤギが食い荒らされ相当な被害を被っている。
その謎の生物の食い荒らし方が未知のものであり、足跡からもどんな生物か特定できないため、村民は恐れ、魔術が関係しているのではないかとも噂されているという。

今現在で既に20匹以上のヤギが食いちらかされ、2日で11匹ものヤギが食われたケースもあったという。
ヤギの食われ方は、腹を掻っ捌かれ、臓器がない状態であったという。足跡は犬より大きい程度であったらしく、現地警察による調査では今のところ何の動物かは分かってない。
謎の生物を見たと主張する者は、それがトラのようであったとも言う。そして人間を襲う様子はなかったとも述べた。

キャトルミューティレーションとの比較
キャトルミューティレーションとは、宇宙人によって家畜の臓器が奪われるという現象である。
これらは宇宙人が動物の臓器を調査するため、食するためなど様々なうわさがあるが、今現在真実はわかっていない。
今回のケースは、臓器がなくなっている点などキャトルミューティレーションに近いといえるであろう。
宇宙人がいないと仮定するならば、我々の知らない動物達の食習慣があり、時たま臓物だけを食べる習慣のある動物がいたとしてもおかしくないのではないだろうか。


未確認動物UMA大全

Mysterious Beasts Torment Villagers

カテゴリー: animal   パーマリンク

謎の生物に家畜を食い荒らされる村 への2件のコメント

  1. Shin. より:

    はじめまして。
    普通、野生の肉食動物は食料が潤沢にある場所を確保できている場合、内臓だけを食べます。
    熊なんかもそうですね。
    キャトルミューティレイションを疑うのであれば血液がすべて抜かれているという共通点はあったのでしょうか?
    今回はただの肉食獣事件だと思います。

  2. 匿名 より:

    comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">